アーザスのMECMサービス

弊社が得意とするMECMサービス

弊社が得意とするMECMサービスをご紹介します。そもそもMECMとは(Microsoft Endpoint Configuration Manager)というMicrosoft社が提供する構成管理や情報取得、ソフト配信、OS配信ができるツールです。MECMの主な機能は12個機能があるとされています。機能を分類化すると5個に分けることができます。

1 更新プログラムの展開
2 ソフトウェアの展開
3 オペレーティングシステム (OS) の展開
4 構成情報 (インベントリ) の収集
5 ソフトウェア利用状況の把握 (メータリング)
6 レポート (SQL Server Reporting Service)
7 コンプライアンスに沿った構成の評価
8 リモートツールによるクライアントコンピューターの管理
9 電源構成管理
10 System Center 2012 Endpoint Protection との統合
11 帯域外管理 (Intel vPro 連携)
12 モバイルデバイス管理

セキュリティ更新

アプリケーション配布

OS展開

資産管理

その他の機能

上記の機能すべてを導入すれば良いですが、実際には導入難易やコストは下図のようになります。

セキュリティ更新とアプリケーション配布

MECM機能におけるセキュリティ更新とアプリケーション配布はコストをかけることなく導入できます。毎月更新されるセキュリティ更新プログラムやアプリケーション配布を効率的うことができます。弊社では今まで導入してきた様々なお客様の事例をもとに最適な配布を実施致します。

OS展開

MECMにおけるOS展開機能を用いることで、キッティングが容易になります。拠点があるような大規模な企業において端末キッティング設計は重要になります。MECMを使うことでユーザがいる拠点でそのまま端末キッティングすることが可能となります。またタスクシーケンスを使うことで従来のマスタイメージを都度更新することなく、ワンクリックで修正することも可能です。

資産管理

MECMにおける資産管理機能は配信状況レポートやインベントリ収集をすることができます。しかし実際には企業の資産管理ツールは個別にカスタマイズしている場合が殆どでMECM単体での使用では限界があります。弊社は開発も得意としておりMECMのデータベース(Microsoft SQL)企業に合わせた資産管理を連携させることができます。

その他の機能

MECMには以下のような機能もあります。これらを合わせることでもっと業務を効率化することができます。

リモートツールによるクライアントコンピューターの管理
電源構成管理
System Center 2012 Endpoint Protection との統合
帯域外管理 (Intel vPro 連携)
モバイルデバイス管理

アーザスBlog

MECMに関する記事も随時公開しています。